エスカ&ロジーのアトリエ評論について

昨今漫画で放送されているエスカ&ロジーのアトリエですが、原作は分かる自分にはアトリエ種類と呼ばれる熱演ステーションのマッチで、エスカ&ロジーの種類はPS3のマッチが原作になっています。

前もってから漫画やマッチが好きな身は、漫画のチャートの可愛さや魅力に惹かれて漫画を見始めました。

具合だけかと思っていたら、対話もしっかりしているし、声優君も主人公の予測に合ったやり方ばかりで、素早く来週にならないかなと各週見終わった後は見終わった歓喜といった来週への想定でやる気も上がってしまい、姉の男に今日のエスカロジーはどうだったと評定を理解し合うのが各週の日課になってきました。

あまりにも面白かったので、暫しマッチはしないぞとしていたのにマッチエディションのエスカロジーまで買ってしまって、漫画を見て評定を言い合った後はマッチを講ずるというのが日課になりつつあります。

今までマッチ自体は気分転換にする程度で、最後のエンドまで見たのは頭数やってきたマッチの中でも2書物だけでしたが、エンドの種類も数個あると近辺に聴き、一週目は克服を見ずに引き上げるぞという息巻いて連日やっていて、今では気分転換ではなく楽しくてマッチをしている状態です。

ヒロインも二人のうちから選べて、二人とも全然違う対話なんだとアトリエ種類をやったことのある近辺に聞いて、今はエスカ版の一週間目を少なくともハッピーエンドでクリアしたいと年中少しずつマッチに励んでいます。

みなさんにもお求め望む漫画&マッチですなと思います。
ミュゼ八戸

釣りの醍醐味

OFFはリラックスすることを前提に瞬間をつぶしますが、最近は釣りにハマっていてマニアックな高度な釣りにかけていらっしゃる。
ドングリウキとして釣りをする術に全手引きという釣法があります。
ウキ完結をつけずに重りの重さで小道具をゆっくりと沈めて行くという術だ。

こういうゆっくりと針が落ちていくペースという、コマセを沈めるペースを同調させるというどうしても高度なテクが要求されるのです。
私も何度かやってみたものの、ゆっくりと沈めるというペースに合わせるのがいよいよしんどいのです。

海の状況は瞬間にてなる結果、重りを重くして沈むペースを早めてみたり、そよ風が出てくると進路糸がそよ風で押されるために小道具が沈んで行くペースが遅くなる。
これを調節するために風の強さにて重りを付け足して出向くという手間がかかるのです。

ですが、敢然と弾力が沈んで行くペースが規定に会得されれば、魚の強打率は飛躍的に昇るということです。
私もこれまで何度かやってきた中で、沈むペースを調節して出向くのが難しかったのですが、ピッタリ沈んで行くペースがきちんと当てはまる時折かなりの確率でヒットします。

こういうヒットする瞬間内に大型の魚が来ることを願って微妙なペース隔たりを縮めていくのです。
難しいですが、見えない海中を想像して、ちょっとずつ調整して出向く心の扱う釣りとなります。